スマートフォン版サイト

国試過去問クイズ

第112回 国家試験 過去問

領域C
全 部
112 C-66
正答率:32.7%
★★☆ MUST!
72歳の女性。上顎右側半側切除後の補綴処置を希望して来院した。術前は上顎全部床義歯を装着していたという。上顎前歯部顎堤と下顎前歯部間の開口量は20mm であった。検査の結果、上顎顎義歯を製作することとした。初診時の開口時の写真(別冊 No.144A p81)と作業用模型の写真(別冊No.144B p81)を別に示す。顎義歯製作について適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 義歯床と栓塞部の分割型とする。
  • b. 栓塞子周囲に軟質裏装材を用いる。
  • c. 臼歯部の咬合接触は左右均等にする。
  • d. 栓塞子は強度を高めるため充実型とする。
  • e. 栓塞子は欠損部の最深部まで延ばした形態とする。
解答する
アクセス
顎義歯の設計の問題である。本症例は開口量が20mm と少ないため、これに配慮する必要がある。また、栓塞子の設計について整理しておこう。
解 説
○ a:
欠損部の大きさに対して開口量が少ないため、義歯床と栓塞部の分割型とし着脱を容易に する。
○ b:
欠損部は骨の裏打ちがなく疼痛が生じやすいため、栓塞子周囲には軟質裏装材を用いる。
× c:
欠損部では義歯が支持できないため、咬合は残存する片側の顎堤部分にのみ付与する。
× d:
栓塞子は軽量にするため中空型か開放型にする。
× e:
栓塞子は欠損部を被覆し、機能的に回復することが目的であるため、最深部まで延ばす必要はない。
Point&Advice

開口量が不十分な症例での顎義歯の製作については111D─69(245頁)のポイント&アドバイスを参照のこと。

国家試験対策に
約90%の受験生が選んだ過去問題集の決定版。実践の過去問に挑戦しよう! 表紙イメージ

実践
約90%の受験生が選んだ過去問題集の決定版。

詳しく見る >
国試重要ポイント講座 動画イメージ

国試重要ポイント講座
国試合格への第一歩

詳しく見る >

国試過去問クイズの解答をご覧いただくには「LINE 友だちアンケートへの回答」
もしくは、「ログイン(LINE 友だちアンケート回答済の方)」が必要になります。

LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら
LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら
pagetop