スマートフォン版サイト

国試過去問クイズ

第112回 国家試験 過去問

領域A
理 工
112 C-37
正答率:51.6%
★★☆ MUST!
Er:YAGレーザーで正しいのはどれか。1つ選べ。
  • a. 拡散性を示す。
  • b. 単波長である。
  • c. 水に非吸収である。
  • d. 発振媒体は液体である。
  • e. 焦点エネルギー密度が低い。
解答する
アクセス
硬組織の切削が可能なEr:YAGレーザーの特徴に加え、レーザー光自体の性質が問われている。
解 説
× a:
Er:YAGレーザーにかぎらずレーザー自体の性質として、指向性に優れている。
○ b:
Er:YAGレーザーにかぎらずレーザー自体が単波長である。
× c:
Er:YAGレーザーは、2.94μmと波長が長いため水への吸収率が非常に高い。すなわち組織蒸散性が高く硬組織の切削が可能である。
× d:
Er:YAGレーザーの発振媒体は固体である。
× e:
Er:YAGレーザーにかぎらずレーザー自体の性質として、焦点エネルギー密度が高い。
Point&Advice

Er:YAGレーザーについては111A-24(411頁)のポイント&アドバイスを参照のこと。

レーザーの特徴
  1. ①単色性をもつ:通常光はさまざまな波長が混ざり合った光であるのに対し、レーザー光は波長が一定であり単色(単波長)である。
  2. ②指向性に優れる:拡散的に広がる通常光に対して、レーザー光は直進性(指向性)に優れている。
  3. ③コヒーレント性が高い:位相がそろっており可干渉性(コヒーレント)である。
  4. ④焦点エネルギー密度が高い:単波長で指向性に優れるレーザー光は回折限界までレンズを絞ることで、狭い範囲に高いエネルギーを集中させることができる。
国家試験対策に
約90%の受験生が選んだ過去問題集の決定版。実践の過去問に挑戦しよう! 表紙イメージ

実践
約90%の受験生が選んだ過去問題集の決定版。

詳しく見る >
国試重要ポイント講座 動画イメージ

国試重要ポイント講座
国試合格への第一歩

詳しく見る >

国試過去問クイズの解答をご覧いただくには「LINE 友だちアンケートへの回答」
もしくは、「ログイン(LINE 友だちアンケート回答済の方)」が必要になります。

LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら
LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら
pagetop