スマートフォン版サイト

国試過去問クイズ

第112回 国家試験 過去問

必 修
外 科
112 B-1
正答率:51.4%
★★☆ MUST!
手指の消毒に使用できる逆性石けんはどれか。1つ選べ。
  • a. クレゾール
  • b. グルタラール
  • c. ホルムアルデヒド
  • d. 次亜塩素酸ナトリウム
  • e. ベンザルコニウム塩化物
解答する
アクセス
多くの消毒薬のなかから、使用目的に応じた有効な消毒薬を選択する必要がある。それぞれの消毒薬が効果を示す微生物の種類と、用途を整理しておきたい。
解 説
× a:
クレゾールはフェノール類である。手指にも使用できるが臭気が強いためあまり用いられない。タンパク質変性作用によって殺滅し、有機物の存在下でも効力が低下しないため、排泄物の消毒にとくに有効である。
× b:
グルタラール(グルタールアルデヒド)は強いタンパク凝固作用を起こす強力な消毒薬である。生体毒性が強いため生体に用いることはできないが、金属器具や医療機器の消毒に用いられる。
× c:
ホルムアルデヒドは強いタンパク凝固作用をもち、すべての微生物に有効であるが、消毒薬としてはほとんど用いられていない。刺激性が強いため生体では根管消毒のみに使用する。
× d:
次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸が消毒の効果を発揮し、時間をかければほとんどすべての微生物を殺滅する。金属腐食性があるため金属器具の消毒には適さないが、非金属器具、環境の消毒に用いられる。手指の皮膚には低濃度で使用可能である。
○ e:
通常の石けんは陰イオン界面活性剤であるのに対し、ベンザルコニウム塩化物は陽イオン界面活性剤として微生物に吸着して殺菌作用を示すため、逆性石けんとよばれる。一般細菌と一部の真菌に有効である。毒性が低く金属腐食性もないため、手指や皮膚、粘膜、金属器具、環境など、広く用いられる。
国家試験対策に
約90%の受験生が選んだ過去問題集の決定版。実践の過去問に挑戦しよう! 表紙イメージ

実践
約90%の受験生が選んだ過去問題集の決定版。

詳しく見る >
国試重要ポイント講座 動画イメージ

国試重要ポイント講座
国試合格への第一歩

詳しく見る >

国試過去問クイズの解答をご覧いただくには「LINE 友だちアンケートへの回答」
もしくは、「ログイン(LINE 友だちアンケート回答済の方)」が必要になります。

LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら
LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら LINE@ 友だち募集中 お役立ち情報をいち早く入手! 友だち追加はこちら
pagetop